スノボ初心者がレンタルでいいものと自分で購入しておいた方が良いもの一覧

自分で購入しておいた方が良いと思うもの

  • グローブ(手袋)※できれば2個、後述
  • 帽子
  • ゴーグル(ゴーグル選びのポイント
  • ウェア※後述(デザインが気になる場合やスノボを続けそうな場合)
  • ブーツ※後述(予算に余裕がある場合。自分に合っているかどうかで滑っている時の快適さが全然違います。)

滑るにあたって必要な物(便利な物)

  • リフト券のケース(取り外せるケースがウェアにある事もあります。)
  • フェイスマスク(必要に応じて)
  • お尻パッド(必要に応じて)

何か忘れてしまっても、スキー場に行けばショップがあるので、滑るにあたって必要なものはゲレンデでもほとんど購入できます。
(上記のもの以外にソックス、ワックスなども売っています。)

ですが、ゲレンデで買うと値段も高めですし、種類も少ない中から購入しなくてはなりません。

フェイスマスクやお尻パッドなどが必要ならば、行く前に購入しておくと費用が抑えられますし、種類が多い中から気に入った物を選んで購入できます。
(→ケツパッドはお尻が冷たくなりやすいスノボ初心者の頃はすごく便利!
(→私がフェイスマスクを購入する時に確認する外せないポイント3つ

グローブ(手袋)に関して

手袋はできれば2個持っていくほうが良いと思います。

一つはメインで使用し、もう一つは安めのものでも良いので持って行き、冷たくなったときに交換できるようポケットに入れておきます。

スノボ初心者の頃は、雪に手を触れる場面が多くなりますので、手袋は結構早めに冷たくなってしまいます。

リフトに乗っている時にも、滑っている時にも、「指先が冷たい」と感じていると、滑るのが嫌になってしまいますので、その時に万全の状態の手袋があるのはかなり良いですよ。

スキーウェアのレンタルに関して

スキーウェアはレンタルですと、格好が気になる方はあまり楽しめないかも知れません。

スノボでもスキーウェアをレンタルする事もありますし、デザインが昔のものがあり、ゲレンデで見たときに1発でレンタルウェアということが分かるからです。

大概のショップでは同一商品で揃えていますので、気に入らなかったとしてもサイズぐらいしか選べません。

見た目的にかなり昔のものは、普段あまり服装にこだわらない方でも、滑っていて気になってしまうぐらいのレベルだと思います。

別に見た目を気にしない方はウェアもレンタルで構わないです。
何回も使用しているので、冷たくなりやすいという面もありますが、基本的な機能は全く問題ないので。

スノボを続けるか分からない場合には、ウェアは知り合いに借りておくのもいいと思います。
(→スノボ初心者はウェアを購入した方が良いのかレンタルでいいのか

レンタルするもの

  • ボード(板)
  • ブーツ
  • (ウェア)

ボードとブーツをレンタルすると、費用はセットでだいたい2500~4000円ぐらいかかります。
(ビンディングは板に標準でついています。)

お店に行き、身長や足の大きさを用紙に書き込めば、店員さんが適した長さのボードやブーツを渡してくれます。

どちらかだけ借りるというのもできます。

ブーツに関して

私自身は、楽しくスノーボードをやるためには、サイズが合っていて、はき心地が良いブーツを早めに購入したほうが良いと思っています。

あなたに合っているブーツなのかどうかだけで滑りやすさも上達しやすさが全然違いますので。

ブーツによっては動いたときに変に足に当たり、使用していると痛くなってきてスノボどころではなくなる事がありますし、滑っていてもズレて滑りにくい(=バランスがとりづらい)という事も普通にあります。

初めてスノーボードをやる方はイメージしづらいかもしれませんが、ブーツの履き心地はスノボが楽しくできるかどうかにかなり影響があります。

ですので、予算に余裕がある場合には、中古でも良いので自分に合ったブーツで滑る方が楽しめます。

私がレンタルしていた時の経験では、レンタルした「板」の種類によって当たり外れを感じた事はあまりなかったのですが、ブーツは、レンタルした商品が自分に合っているかどうかにかなり当たり外れがあります。

とは言っても、初めてやる場合はこれから先スノボを続けるか分からないと思います。

ですので、何回かレンタルして、どういうのが自分に合っているブーツなのかを確認し、それらをメモしておいて購入するのが良いと思います。

スポンサーリンク

「レンタルするもの買った方がいいもの」に関連した記事