ブーツのサイズによって滑りやすさが全然違います。

特にスノボ初心者の方は、何よりもブーツ選びに時間をかけると気持ちよくスノボができます。

ブーツのサイズは何が何でもピッタリなモノが良いです。
サイズという意味でもフィット感という意味でも「ぴったりなもの」です。
(ぴったりなサイズでもつま先は動きます。)

人によっては、少しはつま先に余裕があるほうが動きやすい事もありますので、購入する際には、実際に履いてみて動きやすいサイズを探してみてください。

つま先がブーツに当たるほど短いのは滑っていて痛くなるので良くないですが、私はホントにぴったりぐらいの物を購入する様にしています。

できれば、レンタル時にどのようなブーツだと滑りやすかったかをメモしておくとブーツ選びに迷いがなくなります。
(ぴったりなのか、少しは空間があったほうが良いのかなど)

実際に滑って確認した事と店舗で確認した事には結構差があります。

私の場合は、ブーツをピッタリなサイズにしたら、本当に動きやすくなり、ボードコントロールが楽になりました。

滑っているときのフィット感が全然違うのです。

特にフロントサイド(つま先側)のターンの時に、距離感が分かりやすいので、雪にエッジがかかる感覚が分かりやすくなります。

また、ブーツを選ぶ際には履いたときに、足上に変な空間がないかどうかの確認もして下さい。

つま先の上、足の上に空間がありすぎると、足首を曲げてボードを持ち上げるとき(エッジをかける時)に変な時間差が生まれて、ターンの時、違和感が出てしまいます。

店舗で試すときの注意点

自分のブーツを購入する際には、スノボで実際に使用する靴下を履いて選びに行ってください。

ゲレンデに行っていざ滑るときにフィット感などが全然違っては元も子もないので。

少なくとも、長さと厚さを実際に使用する靴下と似たものを履いた上で選んでください。
(スノボのソックスは長めで厚手のタイプが多いです。)

また、フィット感はブーツ内側の素材などによっても変わってきます。

履きやすく、フィット感が良かったので、私は毛が柔らかく少し長めのものにしています。

人によって好みがありますので、実際に自分で試してみると、どれが良いか判断できます。

また、ブーツのサイズに合わせてビンディングのサイズを選ぶ事になりますので、ビンディングを選ぶ際には、面倒ですがマイブーツを持って店舗に行くほうが間違いがなくなります。

ビンディングも購入する場合には注意しておいて下さい。

スポンサーリンク

「スノボブーツ」に関連のあるその他の記事