スノーボードである程度滑れる様になってくると小回りでターンしたくなる事があると思います。

林間コースだったり、連絡コースだったり、細いコースの時には、ただ滑っていると単調になり楽しみ辛い事があるので、小回りでのターンを覚えれば、林間コースであってもボードで滑るのが楽しくなると思います。

特に、長い林間コースの場合ボードだと飽きてきてしまう事も多いのですが、小回りでの連続ターンができる様になっているとスノーボードでもかなり楽しめます。

連続で小回りターンをするコツ

スポンサーリンク

連続して小回りのターンをするにはエッジを意識する

小回りでターンするには、エッジへの意識がいつも以上に必要になります。

林間コースや連絡コースはコース幅こそありませんが、基本的には凹凸がないので、エッジを意識するだけで小回りでのターンが可能です。

ある程度スピードが出ている場合には、上下運動などを取り入れていかないと、スピードに負けてスムーズにエッジを切り替えるのが難しい事もあるのですが、なだらかでスピードが出てなく、斜面に凹凸がない場合(=林間コースなどの場合)には、エッジの入れ方、外し方、繋げ方に意識を集中するだけで小回りでのターンができます。

ここでいう小回りのターンとは、最小限の半径でのターンという意味で使用しています。

以下は、私が小回りをする時のエッジへの意識の流れです。

エッジの入れ始め:ボードの反り始めに意識を持っていく

まず最初に、エッジの入れ始めの部分を意識します。

ボードの側面のエッジの反り始めに意識を持っていきます。

ターンに入る時に、最初に雪に入れ始める箇所です。雪にエッジを食い込ませる時の一番先頭の部分のエッジです。

真っ直ぐ前方に押すだけで、ボードが曲がるという事を確認しておくという記事を書きましたが、その時に確認した様に、エッジを入れ始める時の雪への食い込み加減を感じるというのは、バランスをとる上でかなり重要です。

ですので、ターンする時には、入れ始めのエッジに意識を集中しておきながら、エッジを入れ始めます。

エッジを入れた後:意識を動かしていく

エッジを入れた後は、エッジへの意識を段々と後ろの方へエッジと雪への主要な接地面(ボードへの荷重が大きい所)に合わせてズラしていきます。

エッジを入れてターンし始めると、一番強く雪に当たっているエッジの部分というのが、ターンの円に合わせて後ろの方へ変わっていきます。(一番体重がのっかっているエッジの部分)

それに合わせて、エッジへの意識を後ろの方にズラしていきます。

入れ始める部分にあったエッジへの意識を、ボードの真ん中より少し上部分(最初より少し下)にあるエッジの部分にズラし、次にボードの真ん中部分のエッジに動かし、次にボード真ん中より少し後ろに持って行き、最後の方はボードの後ろの部分に持っていく、という様なイメージになります。

全てターン中に少しずつ変わっていきます。

言葉で伝えるのが難しく、文字で見ると少し難しい感じがするかもしれますんが、これはエッジと雪との喰い込み具合を意識してターンしていけば、自分の中でエッジへの意識が移動していく感覚が生まれてくる(と思います)ので、言葉で説明している程に難しい事ではありません。(というか、ただ単に伝え方の問題かもしれませんが。)

エッジを意識しながら、ターンの練習をしていれば、自分の中で(自分の感覚としての)エッジへの意識が移動する事のイメージはできてきます。

ボードからの「グイッ」に合わせて小回り

そして、エッジを意識しながら、食い込ませていると、ターンしている最中にボードから「グイッ」と感じられる所が出てきます。
(またまた分かり辛くて申し訳ないです。)

最後の反動というか、これ以上かけると、この遅いスピードだとこけてしまうとか、山を登る形までターンの半円が進んでしまうと感じる様なエッジの掛かり方の部分です。(ボードからたわみでグイッと感じられる時が出てきます。)

これが上記で言っている「グイッ」という所です。

この「グイッ」は、ボードのエッジへの意識が真ん中や最後の方にズレていった時に起こり始めます。

通常のターンの場合には、「グイーーーーッ、グイーーーッ、グイーーーッ」という感じでグイッの部分を保ちながらターンする所を、小回りの場合には短めで終えてエッジを切り替えます。

イメージ的には、「グイッ、グイッ、グイッ」と短めで滑ると小回りのターンになります。
(軽い「グイッ」でも小回りになります。)

この部分は慣れという面も大いにあるかもしれませんが、グイッとくる所を感じたら、小回りのターンをする場合には、エッジを切り替え始めます。

ボードからの強めの反動が感じられたら切り替え始めます。

小回りでのターンをする場合には、ボードに体を動かしてもらうというのがコツのような物になってきます。

ボードに体を動かしてもらうには「グイッ」に合わせて滑るのがポイントです。

ボードのたわみ(グイッ)に任せて滑るという感じです。

エッジの繋げ方(切り替え時)が楽になるかもしれないいくつかのイメージ

小回りのターンをする時には、エッジからエッジへの繋げ方(切り替え)も大事になってきます。

この切り替えの時には、使用していた方と逆のエッジの「喰い込み始めの部分」に意識を集中して下さい。(入れ始めと同じ様に)

ラインを渡すイメージで滑る

繋げるときには、エッジからエッジへ雪につく線(エッジを入れた後の雪に残るライン)を渡す様なイメージだとやりやすいかなぁと思います。(板の底面は経由しないイメージで。底面の事をソールと言ったりします。)

“エッジ”に体重を乗っけるイメージで滑る

エッジによるつま先滑り(かかと滑り)の様なイメージで滑るのもやりやすいかと思います。

ソール(板の底面)ではなく、エッジにしっかり体重を乗せるという感じです。

体をしっかり倒してみる

また、慣れないと難しいかもしれませんが、スピードが出ていない場面でも、思い切って角度をつけた体の倒し方にしてみると、エッジで滑るというのが楽になります。

なんというか、倒れないためにはエッジに頼るしかないという感じになるので、結果的にエッジで滑る事になります。

体の倒し方に角度をつける場合には、大きな上下運動は難しいかもしれませんが(スピードが出ていないので)、リズムをつけた滑りが必要になってきます。

体はあまり上下運動していなくとも、心の中でしっかり上下運動しているという感じです。

体とボードの位置を順次入れ替えるイメージで滑る

エッジを切り替える時に、体とボードの位置を入れ替える事をクロスオーバーと呼んだりするのですが、リズムをつけてクロスオーバーするという感じで滑るとエッジの切り替えが楽になります。

クロスオーバーするには上下運動がコツです。

ボードへの体重のかけ方を全身でコントロールすると(上下運動すると)、上下運動の“下”の時にかけていたボードへの圧力(荷重)が、“上”の動きの時にボードへの圧力が弱まりますので(ボードへの荷重が弱くなるので)、エアホッケー(昔ゲームセンターによくあった物)やホバークラフトの様な感じで、上下運動の上の動きに合わせて段々と微妙にボードが浮いているかのような感覚になり(相対的に力の差が生まれるからです。)、ボードを滑らかに動かしやすくなります。

10kgの物を持った後に、500mlのペットボトル持つと、めちゃくちゃ軽く感じるのと同じ様に、“下”の時にかけていた力と、“上”の時の力に差があるので、相対的な感覚として“微妙に浮いているかの様に感じる”から、板を滑らかに移動させやすくなります。

小回りターンやクロスオーバーする時には、ボードが引っかかると小さくターンする事が難しいので、上下運動を使い、楽にボードをすべらす事ができる状態にしておくと(あたかも微妙に浮いている様かのようにしておくと)、エッジの切り替えが容易になります。

腰下だけ半円を描いていくイメージで滑る

また、上半身は左右にブレずに、腰下だけエッジによって半円を描くように動かされている、というイメージでも小回りでのターンがしやすくなると思います。

実際にはクロスオーバーする感じになるので、上半身も動くのですが、体の重心は左右にブレないで、腰下だけ動くというイメージです。

どうしてもやりたいけど苦手という場合には短めの板を

また、どうしても小回りのターンがしたい場合には、短めのボードで硬くはないもの(柔らかすぎない板)を購入したりレンタルして試しみると、連続での小回りターンがやりやすくなると思います。

板が短いほうが、コントロールが容易だし、エッジの半円(有効エッジ)も長い板に比べると距離が短くなりますので、その分小回りしやすくなります。(グイッを速めに感じやすいので。)

小回りターンを練習する時に注意しておきたい事

注意点として、林間コースや連絡コースは、コースの端にヒモがない場合もありますし、コース幅いっぱいに使ってターンしていると、後ろからくる人が初心者の方などの場合には、スピードを抑えられなかったり、横を通れなかったりしてしまいますので、注意して練習する様に気をつけて下さい。

小回りでの連続ターンを練習する時には、なだらかでコース幅が広く凹凸の少ない斜面で練習する方が心配(こけた時にコースから外れてしまったり、人にぶつかったりなどの心配)が少なく、「だんだんとターンを小さくして最終的に小回りのターンする」という練習が可能ですので、最初はそちらで練習する方が上達しやすいと思います。

スポンサーリンク