スノーボードでターンするのが難しいと感じる場合には、ボードがどうやって曲がるのかを確認します。

スノーボードは基本的には力で曲がるのではなく、エッジを雪に食い込ませる事によってターンしていきます。

ターンが難しいと感じている時には、板のエッジを食い込ませて曲がるというのを知らずに、腰下の力で曲げようとしている場合が多いです。

スノボはエッジを雪に食い込ませて曲がるのです。

ですので、ターンの原理を実感しておくために、エッジがどのように雪にかかって、どのように曲がっていくのかを確認しておく必要があります。

これを確認しておけば、実際にボードにのって滑るときにもコツをつかむのが速くなります。

エッジの掛かり方の確認方法

エッジのかかり具合とその曲がり方は、リフトに乗る前など、ゲレンデの平らな場所で確認します。

平らな場所でボードを外した状態でボードを両手で持ち、板の片側のエッジを雪に食い込ませながらボードを前方にまっすぐ押していきます。

そうすると、力は入れなくても(ムリヤリ曲げようとせずとも)まっすぐ押すだけで、カーブを描いて曲がっていくのです。

一度やっておくと、ボードがどのように曲がっていくのかが分かってきます。

曲げようと力を入れずとも、エッジがかかっているならば、ボードは勝手に曲がっていきます。

実際に滑るときも同じです。

ターンするときに重要なのは、その平らなところで確認したこのエッジのかかり方を意識しながら滑るという事です。

実際に斜面を滑る時には、手で前方に押した力が、あなたの体重と斜面による下方向への力に変わるだけです。

ターンするには、エッジをかけるだけなのです。

手で押したときに、力を必要としなかった様に、斜面でも力は必要ないのです。

エッジを意識しながら滑っていると、あなたがうまくターンできるエッジの角度やかかり方、かけ方がだんだんと感じられる様になってきます。

横滑りの場合にはエッジはかけないで滑りますが、カービングターンの場合にはエッジをかけて滑るという事ですので、一度自分で確認しておくのは大事な事になります。

確認しておく事によって、カーブをする際に力を入れる必要はないというのが分かってくるからです。

冷静な状況で確認しておく事の利点

そして、スノボ初心者の方など、まだ始めたばかりの内は、滑っている最中にエッジの掛かり方を確認するというのは難しいのです。

ですから、他に何も意識する必要のない平らな場所で、エッジのかかり方「だけ」を確認できる状況で「曲がり方」を知っておくのです。

確認をしておくことによってリフトに乗って、斜面を滑り降りてくるときにも割とエッジのかかり方を感じる事ができる様になります。

まとめ

スノーボードで曲がるというのは、基本的には無理やり腰下でボードの向きを変えて曲がるのではなく、ただ単にエッジのかけ方、掛け具合を調整して、ターンの大きさをコントロールしていく事です。

最初の内は、もちろん無理やり力で方向を変えてターンしてしまうこともあるかも知れませんが、ある程度基本的なやり方を覚えればターンが難しいとは感じなくなってきます。

ポイントを意識してスノーボードを楽しんでいれば遅かれ早かれエッジでターンできる様になっていくのです。

何も知らずに頑張って工夫していくよりも、滑り方のコツやあらかじめ意識しておいた方が良いこと(エッジのかかり方など)を確認しておくとスムーズに上達していく事が可能になります。

スポンサーリンク

スノボ練習に関連した記事