「レンタル時の確認」が最適なスノボのビンディングを選ぶポイント!

スノボのビンディングの購入を決めるまでには、おそらく何回かレンタルをする機会があると思います。


その時に、好きなビンディングをメモしておくと、自分のビンディングを購入する時に迷わなくて済みます。


レンタル時に確認しておくのは、どのようなビンディングだと「スノボが快適にできたか」です。


具体的には、この3つを確認して覚えておきます。


  • ブーツの固定が良かったのはどんなタイプだったか
  • ラチェット(逆弁で固定する部分)が扱いやすかったのはどれだったか
  • 固定する部分のパッドはどのくらいの面積が滑りやすかったか

ブーツの固定感


ブーツとビンディングの固定はスノボが楽しめるかどうかに大きく関わってきます。


ビンディングにはサイズ表記がされていますがあくまでも目安ですし、個々の商品によってブーツの固定感がかなり変わってきます。


滑っている時に、固定されている感覚が納得できないものだと思い切って動けません。


レンタルの場合には、お店側が選んで購入していますので、固定感がおかしい事はあまりありませんが、自分で購入する場合には、ブーツとビンディングの組み合わせによって固定感がかなり変わってきますので注意して下さい。


ですので、購入する際には、自分のブーツを持っていき固定感を確認します。
ブーツもそのお店で購入する場合にも、ブーツを合わさせてもらい、最適なビンディングを選ぶようにします。


装着しやすく外しやすいビンディング


ビンディングはブーツの固定が楽にできるタイプの物を選びます。


手袋をハメた状態で金具を動かしますので、ラチェット部分(触れて動かす部分)が大きいものでないと、ボードにブーツを固定するのが結構大変です。


また、固定する金具部分のスライドが滑らかなのかどうかの確認もして下さい。


まれに固いものがあったり、はめ直す時に大変なものがありますので。


装着が簡単かどうか(ラチェットが滑らかかどうか)と、固定を外すのが難しくないかどうかはかなり重要です。


金具部分の種類は結構多いので、レンタルしている時に、自分が扱いやすいタイプをメモしておきます。


特に、外すときに面倒なタイプは本当に嫌になりますので、実際に購入する時には避けてください。


リフトの乗り降りで、ブーツをボードから外したり固定する場面は何度も出てきます。


その時に毎回、面倒くさい気持ちになるようなビンディングは避ける方が楽しくスノーボードができます。


パッドの面積


また、ブーツに触れている部分のパッドの大きさもレンタル時に確認しておきます。


細めのパッドもありますし、かなり大きいパッドのビンディングも販売されています。


レンタルする所によって毎回違うので、いくつかの種類を試せるこの時期に自分が好きな大きさの確認をしておきます。


面積による違いは、曲げた時の感覚やホールド感などです。


これは、滑りやすさに関わってきますので、少なくとも、大きめが好きなのか、細めが好きなのかをレンタル時に確認しておきます。



スポンサーリンク


ビンディングに関連するその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加