竜王スキーパークのナイターは斜面が見やすいけどリフトの並びは長め

竜王スキーパークのナイターは、滑り始めたら人が多くて困る事はないぐらいの混み様だったのですが、営業している4箇所のリフトの並びがすごく長くなります。


斜面自体は、雪が良くて、凹凸もはっきり見えるくらいライトが当たっていますので、滑っていて気持ち良いです(滑れるコースでも光が強く当たっていない箇所はあります)。


竜王スキーパークのナイターの営業時間は17:00~21:00です。


記事の目次
  1. 竜王スキーパークのナイターで滑れるコース
  2. ナイターでのリフトの並び

竜王スキーパークのナイターで滑れるコース


竜王スキーパークのナイターでは、写真の白い部分を滑る事ができます。(2013年2月下旬時点)

竜王スキーパークナイター営業コース


ナイターで使用できるリフトは、赤丸の4つの位置にある以下のリフトです。


  • Valley第1クワッドリフト・・・①
  • Valley第4ペアパラレルリフト・・・④
  • Valley第8リフト・・・⑧
  • Valley第9ペアリフト・・・⑨

※Valley第8リフト(一人乗り)とValley第9ペアリフト(二人乗り)は同じ位置の降り場まで乗る事になります。


ちなみに、一人乗りの方がちょっとだけ速かったです。


これらのリフトを使うと、以下のコースをナイターで滑る事ができます。

  • バレー第8・9ゲレンデ(中級)
  • バレー第1ゲレンデ(初級)
  • バレー第4ゲレンデ(初・中級)

バレー第8・9ゲレンデ


ナイターで滑れるコースの一つの『バレー第8・9ゲレンデ』はコース距離650m、最大斜度25°、平均斜度18°の中級コースです。


凹凸がある所もありますが、コース幅が広いコースです。


ナイターの斜面はこんな感じに見えます。写真は『バレー第8・9ゲレンデ(中級)』(Valley第8リフト・Valley第9ペアリフトを降りた先の斜面)です。(⑧・⑨のリフトの横の斜面)

ナイターのバレー第8・9ゲレンデ


写真は19時46分に撮った物なのですが、20時前までの時間はナイターで滑っている人が少なかったのもあり、かなり気持ち良く滑れました。


バレー第1ゲレンデ


バレー第1ゲレンデもナイターで滑れるコースの一つで、コース距離490m、最大斜度22°、平均斜度15°の初級コースです。(①のリフトの横のゲレンデ)


ナイターではこんな感じで斜面が見えます。(写真はバレー第3ゲレンデ側からバレー第1ゲレンデを撮った物)

バレー第1ゲレンデ


ライトも複数あり、強めの光が当たっていますので斜面は良く見えます。日中よりも斜面の凹凸は見えやすいです。


バレー第4ゲレンデ


写真がブレちゃってて斜面が見える画像が載せられないのですが、竜王スキーパークのナイターでは『バレー第4ゲレンデ』も滑る事ができます。


バレー第4ゲレンデはコース距離420m、最大斜度22°、平均斜度15°の初・中級コースです。


距離は短いですが、コースの幅が広く凹凸も少ないため、スノボ初心者の方も滑りやすいと思うコースです。


ナイターでのリフトの並び


全てのコースで言えるのですが、竜王スキーパークは混んでいる事が多いので、人が多くなる時間帯からはナイターでもリフト待ちで時間が取られてしまうかもしれません。


ナイターの場合、滑り始めたら人は少ないのですが、滑った先のリフトが大体どこも混みます。


こんな感じで。(写真は20:00頃)

竜王のナイターでのリフト待ち


並んで話していれば、そこまで長くは感じないのですが、ナイターでは、滑っている時よりもリフトの待ち時間がかなり長かったです。


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加