スノボの費用を安くしたくてもレンタルやリフト券は一日単位にしておく

スノボ初心者の方は板やブーツなどをレンタルすると思います。


ショップによっては二日単位で借りる事もでき、その分料金が割安になっていてそちらを選びたくなりますが、2日連続で同じゲレンデで滑るのだとしても、レンタルする際には、道具が合わない時に変更できる様に一日単位で借りる様にして下さい。


2日単位で借りてしまっていると、道具が自分に合っていない時に変更したくても、費用がもったいないと感じますので、我慢して次の日もその道具で滑る事になってしまいます。


レンタル時に使用感を確認しておくのは大事なのですが、きちんと使用感を確認していたとしても、実際に滑ってみると「自分に合わない」とか、「履いていて痛い」とかが出てきます。


ブーツやビンディングが合っていないと滑っていてもあまり楽しめません。


ですので、費用を安く済ませたくても、一日単位で借りておく方が無難です。


レンタルショップは複数ありますので、もし合わなかった場合には、次の日は違うお店で借りるという事ができます。


リフト券も一日単位にしておく


一日単位で購入しておいた方が良いのはリフト券も同様です。


リフト券も二日単位や、三日単位で購入しておくと値段が安い事が多いのですが、小さめのゲレンデの場合には一日でコースを充分に満喫できる事も多く、次の日は違うコースに変えたくなる事が多いので、リフトは一日単位での購入にしておく方が良いです。


バスやツアーパックで行く場合には、コースを変更するのが難しい事もあるとは思いますが、車で行く場合には一日単位での購入にしておく方が無難です。


また、シーズン真っ只中の有名なスキー場の場合には、リフトに並ぶ時間が長すぎてゲレンデを変更したくなる時もあります。


そういう時のためにも、リフト券を買うのは一日単位にしておき、次の日は近場や帰り道にある違うスキー場に行ける様にしておく方が無難です。(スノボ初心者の方は、人が多い有名なスキー場より、コースが少なくても、人が少なくて、思いっきり滑りやすいスキー場がおすすめです。)


スキー場は結構密集していて、スキー場が近くに複数ある事も多いですので、少し走れば違うスキー場に行ける事も多いです。


特に小さいスキー場の場合には、密集している事が多いので、いくつかのスキー場に短い時間で移動する事が可能です。


場所を変えれば、雪質も変わってきますので、滑りやすくなったりもします。


また、小さい所の場合には、半日で充分に滑れてしまう事もありますので、半日券なども検討して下さい。


購入前にゲレンデのコースを確認しておき、どのくらいで満足できるか考えておく方が良いかと思います。



関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加