スノーボード初心者で転んだ後うまく立ち上がれないという時に。

スノーボード初心者の時期には、転んだ後に上手く立ち上がれない時があるかと思いますが、立ち上がるのが苦手な場合に、まず、うつぶせの状態になって下さい。


仰向けの状態ですと、立ち上がる時に勢いをつけなくてはなりませんのでうつぶせになります。


仰向けで転ぶとボードの向きが逆で簡単にはうつぶせになれない場合がありますが、その際にはボードを空中に持ち上げて体をひねったり、ボードの先端を雪に突き刺してそこを支点に体を回したりして、どうにかこうにかしてうつ伏せ状態になって下さい。


うつぶせになった後は、まず、つま先側のエッジを斜面にしっかりと引っかけて板がズリ落ちない様にします。※エッジとは板の周りに付いている鉄の刃の事です。


つま先に意識を集中しながら、エッジが雪にしっかり食い込んでいるかどうかを確認して下さい。


エッジをしっかりかけないまま立ち上がろうとすると、踏ん張りがきかないのでボードがどんどん流れていき、いつまで経っても立てないという事になってしまいます。


ボードが動かない様に雪にエッジを引っ掛けた後は、両手で斜面を押しながらエッジを支点にだんだんと体を上に上げて立ち上がります。


この体を上に上げるときにも、つま先に力を入れるようにして、エッジが雪から外れないように注意しておいて下さい。


滑り始める時の注意点


立ち上がって滑り始める際には山の上側(山側と言います。下側は谷側と言います。)を見て、滑り始めても問題ないかどうか周囲の状況を確認するようにします。


スノーボード初心者の方も滑っていますので、急激に方向転換をしなければいけないタイミングで立ち上がると、ぶつかってしまいます。


山側を見て、人の流れが途切れたところを見計らって滑り始めてください。


うつ伏せになってから滑り始めると最初のターンはかかと側のエッジ(バックサイド)を使うターンをする事になります。


バックサイドのターンが苦手な場合には、ヒザが伸びきっている場合が多いので、ヒザを曲げる事を意識してみて下さい。
(→スノボの背面側(バックサイド)でターンするのが苦手な場合のポイント


まとめ


転んだ後にうまく立ち上がれない場合には、


  1. うつぶせになる
  2. エッジを雪に引っ掛ける
  3. 斜面に手を付きながらだんだん体を起こす

としてみると、楽に起き上がれますのでやってみて下さい。



役に立つかもしれないその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加