スノボ初心者はスクールに半日でもいいから入ると練習方法が分かる!

スノーボードをやっていて、「どのように練習して良いか分からない場合」や、「基礎的な事を詳細に教えてくれる人が身近にいない場合」には、スノボスクールに1日もしくは半日だけでもいいので入るのをおすすめします。


半日、一日ですと、こけ方、止まり方、リフト乗り降りなどの練習になるかと思います。


せっかくスノボに行ったのにスクールに入ったら1日つぶれると思うかも知れませんが、初心者の内に、こけ方や止まり方を知っておくと、滑る上でかなり役に立ちます。


ターン練習まで行くにはもしかしたら、二日通う必要があるかもしれませんが、一番最初に基礎的な事を習っておけば、その後の練習方法が分かりますし、それらを意識した滑り方が分かるので自分で練習する事ができる様になります。


何も分からないまま滑らなければならないと、楽しさが感じられない事も多いです。


これから先何回も通うようなものではないので、半日、一日は行っておくとのちのち楽です。


早めにスクールに入って基礎的な事を教えてもらっておくとその後上達しやすくなるからです。


やっぱり、滑っていて上達が感じられた方がスノボが楽しくなってきます。


スポンサーリンク


スクールで教えてもらえること


スノボスクールでは、曲がり方や滑っている最中の体の姿勢、目線など、スノーボードで滑るにあたっての基礎的な事を教えてもらえます。


また、こけ方や、止まり方、基本のターン練習方法なども教えてもらえます。


午前中だけとか午後だけなど短い時間のものも選ぶこともできます。
(二時間、四時間など。)


また、スクールによって教えてもらえる内容は異なりますので、申し込む前に、「どのような事を練習するか(何ができる様になるのか)」を具体的に確認しておくと間違いないと思います。
「コケ方・止まり方」までなのか、「姿勢やターン練習」もするのかなど。


スキー場によって練習内容は変わりますし、半日、一日だとやはりやれる事は限られていますので。


もちろん成果を確約することなんてできませんが、「どんな事ができる様になる練習をするのか」は確認をしておくと判断できます。


申し込みと費用


スノボスクールに申し込むには、スキー場で係の人に聞けばどこで申し込めばいいのかが確認できます。


また、行く前にスノボスクールがやっているかどうかを、電話などでスキー場に確認しておくと万全です。


費用は、場所によって違いますが、大体4000円(半日)~6000円(一日)ぐらいかかります。


リフト券とパックになった割安な料金のスクールも場所によってはありますので、スキー場に電話して確認したり現地で聞いてみて下さい。



スノボ初心者が最初に知っておきたい事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加