スノボでスピードをコントロールするには前傾してエッジの反り始めをきちんと雪にかける!

スノボをやり始めたら、こけ方止まり方をスクールや一緒に行った人に教えてもらったりして、何回か緩やかな斜面で滑る練習をした後には、少しスピードが出る斜面に滑りに行く事になると思います。


その時に、『滑っている内に勝手にスピードがどんどん上がってしまって、最終的に転んで止まるしかない』という時や、『板を真っ直ぐにしたのになかなかターンに入り始められなくて、その間にスピードが上がってしまい、怖くなって座り込む様になりながら転んでしまう』という場面が出てくる事があると思います。


この記事は、そうなってしまった方向けです。


また、この記事は物凄く長いので、先に端的にお伝えすると、上記の様になってしまった場合には以下の事を試してみて頂くと解決できると思います、というのがこの記事の内容です。


  • 後ろ足に重心がきてしまっていないか確認しながら滑る
  • 前足に重心を持っていく様に意識して滑る

記事の目次


  • スノボでスピードを抑えられるのはエッジだけ
  • どうしてどんどんスピードが出てしまうのか?&板が横になり始めないのか?
  • 中級・上級コースに行った時も同じ
  • 前足重心にする利点
  • 最初の頃はかなり前足に体重をかける気持ちで!
  • 緩斜面で思いっきり前足に体重をかけてターンの感覚をしておく
  • 前足に重心をかける時に起きてしまうかもしれない注意点3つ
    • 「前足に重心を移動+エッジを掛け始める」までが1セット
    • 目線が下がらないように注意する
    • ひざをピンと伸ばさない様に意識する

スポンサーリンク


スノボでスピードを抑えられるのはエッジだけ


スノーボードでは、エッジの掛け具合を変えて板と斜面との摩擦を調整する事でスピードを抑えます。


スノボでスピードを抑える役割をするのは、基本的にはエッジをかける事だけです。
(横滑りも斜面にエッジを食い込ませた上で角度を調整しスピードを抑えています。)


当たり前の事ですが、エッジが宙に浮いていて雪にくっついていなければ、摩擦が起きないのでスピードを抑える事ができなくなってしまいます。


また、ターンに入り始めるためには、横滑りでもカービングでもエッジを雪にかけ始める事が必要になります。


ですので、

  • 滑っている内に勝手にスピードがどんどんと上がってしまう(=スピードを抑えたい)
  • ターンに入り始められなくて座り込む様に転んでしまう(=ターンし始めたい)
という時には、どちらも『エッジ』をしっかりと使う事を意識する必要があります。


特に『エッジの反り始め=かけ始め』をしっかりと使わなくては、スピードを抑える事が難しいですし、板を横に廻すのも難しいです。


逆に言うと、勝手にスピードが上がってしまったり、なかなか曲がり始めないという時には、『エッジの反り始めがしっかりと雪に触れていない』事が多いです。


エッジが雪に触れないなんて事があるの?と思われるかもしれませんが、後ろ足に体重がかかってしまっている(=後傾)と板の前方部分が浮き、大事な『エッジの反り始め』が雪に触れなくなってしまう事があります。


どうしてどんどんスピードが出てしまうのか?&板が横になり始めないのか?


滑っている内にスピードが出てしまったり、怖く感じてターンに入り始められない(板が横になり始めない)という時は、両方とも、後ろ足に重心がかかってしまっている事が多いです。


スノーボードでは、後ろ足に体重が乗ってしまっている状態の事を後傾(こうけい)と言い、前足に体重が乗っている状態の事を前傾(ぜんけい)と言います。


スキーと違い、スノーボードは横になりながら滑りますので、同じ前傾、後傾でもスキーとは体重のかけ方が変わってきます。(どちらも、谷側(山の下側)に体重をかける事を「前傾」と言います。体の「前」、「後ろ」という意味ではなく。)


後傾になってしまうと、山の斜面の角度も手伝って、板が曲がり、板の前方部分(ノーズと言います)が浮いてしまいます。


先ほど「スノボでブレーキの役割を果たすのは、エッジだけ」と書きましたが、ブレーキの役目を果たすエッジが雪に触れている部分が少なくなってしまいますので、スピードが上がり続けてしまうのです。


極端に言うと、後傾で滑る場合、板の前側半分までがノーズの様に丸く上に沿っているボードで滑っている感じです。


板の前側半分までがノーズの様に丸く反っている板ですと、エッジを使用する事ができるのは(雪に触れているエッジは)、体の真下あたりにあるエッジからになってしまいます。


ブレーキに使用できるエッジの距離も短い(後ろ半分)ので加速し続けてしまいますし、真ん中部分はエッジの反りが少ないので(直線的なので)、エッジを掛け始めても板が回り始めません。


摩擦を大きくする(スピードを抑える)には、短い物より長い物を横にズラした方が簡単ですし、ターンの入り始めも、直線に近い形の物を雪に引っ掛けるよりも、より反りが大きいものを雪に押し付け始めたほうが、楽に板が回り始めてくれます(=カーブしやすくなります)。


エッジを掛け始めれば、エッジの形に沿って板が勝手に回り始める(横になり始める)ので。
スノーボードのターンが難しいと感じる時はどうやって曲がっているのかを確認する!


ですので、しっかりとエッジの掛け始めから使用するために、前傾して板を斜面にしっかりとくっつける様にします。


スポンサーリンク


中級・上級コースに行った時も同じ


板の前方部分が目に見えて浮いてしまう程、後傾になってしまっている事はあまりないのですが、斜面へのくっつきが弱くなってしまっている事は結構あります。


後傾(後ろ足重心)ですと、板の前方部分がしっかりと雪に押さえられている状態ではなく、「軽く雪に触れている」ぐらいの状態になってしまいます。


軽く触れている状態からですと、エッジを雪にかけ始めたとしても、しっかりとかかり始めるのが、ボードの中央部分ぐらいからになってしまい、スピードが抑えづらいし、板が回り始めないのです。(反りが少ないので。)


結果、ブレーキの役割を充分に果たせなく、怖く感じるくらいにまでスピードが出てしまい、転ぶしかなくなってしまいます。


スピードを落とすには、摩擦を大きくする必要があるので、軽く触れているという状態よりも、しっかりと触れている状態にする方が簡単に速度を落とせます。


速度を落とせるというより、好きな速度にコントロールしやすくなるのです。


ですので、エッジをしっかりと雪に押さえつけるために(エッジを反り始めからしっかり使うために)、前傾(前足に重心をもっていく)する様に意識して滑る様にします。


これは、のちのち中級コースや上級コースなどの「その時その時の自分がスピードをコントロールできない斜面」に行った時にも同じです。


前傾した上で、ターンをする様にすれば、板についているエッジ“全体を使用して”ブレーキする事ができます。(エッジの反り始めを雪にかければ、その後ろにあるエッジもそれに沿って雪と触れることになるので、反り始めをかけ始めれば勝手にエッジ“全体”を使う事になります。)


前足に重心をかけないと、板の前側部分が浮き上がってしまい(雪との接触が弱くなってしまい)、板前方部分のエッジを使う事ができなくなってしまいますし、板の途中からしかブレーキの機能を使えなくなるのです。


また、中級コースや上級コースに行く際に、「スピード出そうでこけた時が怖いからチャレンジしにくい・・・。」ってなってしまって、そもそも角度ある斜面で前傾を試せないって場合には「ケツパッド」を使う様にしてみて下さい。持っていない場合には。


普通に痛さが軽減できるので、痛くないのが分かるとチャレンジしやすくなると思います。


買うとしたら薄めの奴にして下さい。厚すぎると滑り心地が変わってきちゃうので。


ケツパッドのランキングはこちら(楽天)


Amazonでの売れ筋はこちら


前足重心にする利点


前足重心にする事による利点は、『エッジの反り始めをしっかり雪に触れさせる事ができる』という事と、『きちんと板の反り始めからエッジをかけられる』という事です。


反り始めからエッジを使えると、以下の様なメリットがあります。


  • ターンの入り始め(回り始め)がすごく楽
  • 板を横にしやすい(=スピードが抑えやすい)
  • エッジ全体を使用できる(=スピードが抑えやすい)

ですので、どんどんスピードが出てしまったり、板を真っ直ぐにした後なかなかターンし始められなくてスピードが出てしまい、怖く感じて座る様にして転んでしまうという時の解決策になります。


最初の頃はかなり前足に体重をかける気持ちで!


前足への体重のかけ方は、『前足:後ろ足=7:3』くらいの気持ちでやると丁度良いと思います。


ただ、7:3と意識していると、最初はどのくらいかければ分からなくて弱めにしてしまう事があるので、9:1や10:0ぐらいの意識の方が前足重心の効果が分かりやすいかもしれません。


その後、両足への体重のかけ方を自分が滑りやすい様に微調整していくと、思ったようにターンしやすい体重の配分が感覚としてできてきます。


スポンサーリンク


緩斜面で思いっきり前足に体重をかけてターンの感覚をしておく


最初の方は、角度のある斜面で前傾する事に少し怖さがあるかもしれませんが、一度前傾でターンしてみると、きちんとエッジがかけられてスピードが落とせたり、ターンし始める事ができるのが体感できて、今までよりも恐怖はなくなってくると思います。


スピードがコントロールできると感じられれば、スピードが出ていても恐怖はなくなってきます。(実際にはスピードも抑えやすくなります。)


一度、怖いと感じない緩やかな斜面で思いっきり前傾してみて、ターン最初の雪へのエッジの喰い込み方の違いを確認しておくと、中級・上級コースなどの怖さを感じる角度の斜面でも、効果の程が分かっているので、後傾になってしまいそうな時でも前傾しやすくなると思います。


前足に重心をかける時に起きてしまうかもしれない注意点3つ


前足に重心を持っていく事を意識すると、今度は他の事がおろそかになってしまう事があると思うのですが、主に注意して頂きたいのは次の3つです。


  • 「前足に重心を移動+エッジを掛け始める」までが1セット
  • 目線が下がらないように注意する
  • ひざをピンと伸ばさない様に意識する

「前足に重心を移動+エッジを掛け始める」までが1セット


一つ目は、前足に重心を移動しただけではスピードを抑えられないので、前足重心+エッジを掛け始めるという事を意識して下さい。


前足重心にしたのは、板の反り始めのエッジをしっかりと斜面に喰いこませるという意味合いが強いので、前足重心の上で、尚且つエッジをかけ始めるという事を意識してみて下さい。


エッジをかけ始めるという事が分かり辛い場合には、「前足重心+曲がりたい方向の遠くの方に目線を持っていく」様に意識してみて下さい。(曲がりたい方向の先の方に目線を持っていくと、体が連動して勝手にエッジがかかり始めやすくなります。)


曲がり始めれば、スピードが上がり続けるという事はほとんどないので、怖さもあまり出てこなくなると思います。


ターンし始めても怖さを感じる様な角度の斜面の場合には、しっかりと板をズラして(横滑りの様に)スピードを落とし、抑えられたのを確認してからまたターンに入り始めます。


この際、ターンの最初の方はズラして滑り、最後の方はエッジで滑るという滑り方にするとエッジで滑るのが好きな方は満足しやすいかと思います。


この様にするのは、ターンの最初の方(回り始め~中盤。谷周りと言います。)は、板が山を下る様な形になるのでスピードが出やすく、ターンの中盤~最後の方(山周りと言います。)は山を登る様な板の動きになるので、スピードが勝手に上がる事はほとんどないという特徴があるからです。


ですので、最初の方はズラして、しっかりとスピードをコントロールし、中盤から最後の方はエッジで滑りスピードを落とし過ぎない(気持ちの良いスピードで滑る)とすると、スピードが出やすい斜面も楽しんで滑りやすくなります。(角度が急な中級コースやこぶのない上級コースなんかもこんな感じで滑ると挑戦しやすいし楽しみやすいです。)


また、角度があるとスピードが上がりやすいので、目線をより遠くに(滑る事になるラインを意識しながら)置くようにすると、更に滑りやすくなります。


人それぞれ怖く感じる斜度はあると思うのですが、そういう斜面では後傾(後ろ足重心)になりがちです。


後傾にして目線を上げるのではなく、上体を起こして目線を上げる様にして下さい。


目線が下がらないように注意する


二つ目の注意点として、前足に体重を乗っけようと意識すると、目線が下にいきがちになってしまいますので意識して目線を上げるようにして下さい。


滑っているスピードによって、目線をどこに置くと滑りやすいかは変わってくるのですが、基本的には遠くを見るようにします。


緩やかな斜面でスピードが出ていない時には、近場を見ていてもあまり問題は出てきませんが、スピードが出ている時には遠くを見るようにしないと、バランスが取りずらい姿勢で滑らなくてはならないですし、先の予測ができないので転びやすくなってしまいます。


また、自分が滑ろうと思うラインをイメージする事もできないので、ターンの難易度が上がってしまいます。(ターン後に慌ててしまって次のターンに移れなかったりします。)


ですので、前足に重心を持ってくる時にも、目線を遠くに置くことを意識する様にして下さい。


ひざをピンと伸ばさない様に意識する


三つ目の注意点として、前足に重心を乗せようと意識していると、ひざをピンと伸ばしてしまう事がある事です。


ひざが伸びていると、斜面からの衝撃を体でモロに受け止める事になるのですが、少しの衝撃なら耐えられたとしても、衝撃が大きくなると飛ばされる様にして転んでしまいます。


膝が曲がっていると、バネの様に伸び縮みして自動的に衝撃を和らげてくれるので、転びにくくなります。


ですので、前足に重心をかける時にも膝はしっかりと曲げるように注意しておいて下さい。


また、前傾を試そうと思っても、こけた時の痛さが怖くて思い切って試せないってなった場合には、ケツパッドを使う様にして、なんとか思いっ切り前傾を試せる様にして下さい。


何回か前傾試せれば、ちゃんとスピード抑えられるってのが実感できて、そっから先は前傾に対しての恐怖はなくなると思うので。


ケツパッドのランキングはこちら(楽天)


Amazonでの売れ筋はこちら


前傾にする利点について書きましたが、深雪の場合には、ノーズが雪に埋まってしまうと滑れなくなってしまうので、逆に意図して後傾気味にして滑る様にしたりします。


また、深雪では一番下の硬い斜面までエッジが届かないので、エッジをかけて曲がるのではなくバンク(傾斜)を作るようにして曲がっていきます。


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加