スノボのターンを上達するコツはエッジを意識する事!

スノボのターンを上達するコツや意識する事とは?


私がスノーボードでターンをするとき一番気にしてるのは、
雪へのエッジの食い込み方を感じながら滑るという事です。
(エッジというのはボードの外枠に沿っている鉄の刃です。)


エッジがどうやって雪に食い込んでターンしているか
それをすごく意識しています。


もちろん横滑りをする時もありますが、基本的にはエッジを立てて滑るのが好きなので、
ターンをする時にはエッジのかかり具合を意識しています。


アイスバーン等はエッジが入らない、(もしかしたら入るのかもしれませんけど)
私のレベルでは入れることはできないので、残念ですが横滑りにはなっています。


ですが、普通の斜面の場合(エッジが食い込むような雪の場合)には、
なるべくエッジを感じるように、エッジの入り込み方を意識して滑っています。


スポンサーリンク


なぜエッジを意識するのか?


よく見かけるカーブの仕方に、下半身で無理やり方向転換するような、
下半身の力で方向を変えて曲がっているやり方をよく見かけます。


やり方は人それぞれなんですけども、ちょっともったいないなとも思います。


下半身で曲げるとすごく疲れるますし、
思ったようには曲がれない事が多いです。


ターンしているというか、
方向転換している、になっちゃっているのかも知れません。


別に下半身で曲げるのが悪いわけではないのですが、
「力で曲げる」じゃなくて「エッジでターンする」を意識してみると、
ターンの上達に有効な事が多いです。


最初は(始めて間もない初心者の方など)下半身で曲げちゃうのもしょうがない事とは思いますが。


どうしてボードって曲がれるの?


スキーも同じですけども、スノーボードのエッジは反っている形(半円形)になっています。


どうして半円形になっていると思いますか?


この形の意味を確認するには、
一度平らな雪の上でスノーボードを手に持ってエッジを雪に食い込ませてみると分かりやすいです。


片側のエッジを雪に食い込まして、それからまっすぐ押してみて下さい。
曲げようとはせずに、ただただ、まっすぐ押してみて下さい。


そうすると勝手にカーブし始めて曲がっていきます。
ただまっすぐ押してただけなのに。


エッジが雪に食い込んでいくと、
半円形ですからボードが勝手に曲がるのです。


スノーボードやスキーでターンするには、基本的にはこの様にエッジを食い込ませて、
エッジによって曲がっていきます。


エッジを少しだけ食い込ませれば緩やかなカーブになり、
エッジをかなり立てれば急激に曲がることができます。


「楽しい!」が目指すところ!


最初のうちは、もちろん横滑りで山を降りていけばいいのですが
(というか、その人その人が楽しければいいんですけども。楽しむためにやっているのですから。)、 もし上達したい!というか、ターンするコツが知りたい!と思うなら、
一度、手で押してエッジで曲がるっていうことの意味を体感してみてから滑ってみるとスノボでターンするコツが分かってきます。


手で押してボードがどうやって曲がるのかを体感すれば、 今度はボードに乗って滑る時にもどういう感覚でエッジが入って、
どうやって曲がっていくのか、が分かりやすくなります。


基本的にはエッジを食い込ませ始めて、エッジの力で曲がり、
曲がりきったところでエッジを雪から外し、
またターンに入る時にエッジを食い込ませて、その力によってターンする、
という事を連続して行える様になると、それが思った様にターンできるという事になります。


スノボをしている最中に意識して欲しいのは、
エッジがどうやって入っているか、どうやって食い込んでいるかになります。


そして、エッジの食い込ませ方の他に、体の上下運動や、
ヒザを曲げる事によるバランスのとりやすさ、目線のおきどころ、などが加わってきます。


また、こけた時の痛さが気になって思い切ってターンの練習ができないって場合があると思いますが、その場合には、ケツパッドをつけて滑る様にしてみて下さい。


モコモコ過ぎると滑り心地がちょい変わってくると思いますが、こけるの怖くて加減しながら滑ってるのと、思いっ切り滑れてるのとでは、ターン上達にかなりの違いが出て来るので。


ケツパッドのランキングはこちら(楽天)


Amazonでの売れ筋はこちら


スポンサーリンク


スノボのターン上達に関連する記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加