スノーボードのリフトの降り方を知って怖さや不安を解消する!

リフトを降りる時に不安があるとき


スノーボードでリフトを降りる時に失敗した事があると、「リフト怖いなぁ・・・。」と思ってしまう事があると思います。


そう思って、あまり積極的にスノボできなくなってしまったり。


やり始めや初心者の内は仕方ない事です。誰だって初めての事は怖さがあります。


でも準備しておけば安心して臨めます。


リフトの降り方を知って怖さや不安を取り除いておけば、何度もリフトに乗って、たくさん楽しめる様になります。


降りるときのポイント


リフトの降り方にはコツがあります。


降りる時には「リフトに押してもらって進む」のです。


自分では進みません。


まっすぐボードに乗った状態で、自分の足のヒザ裏あたりを「リフトに押してもらって進む」というのが重要です。


リフトを降りる時に慌てて自分の力で前に進もうとしてはいけません。


あくまでもただ自分は乗ってるだけで、自分の後足をリフトに押してもらうのです。


そうやって降りるんです。


この際、ボードのビンディングとビンディングの間に、ゴム質のパッド(デッキパッド)を貼っておくとボードの上に垂直に立つのが簡単になります。


ゴムの上にブーツを置けば(足を乗せれば)滑りにくくなるので。


このゴムはレンタルボードには大抵、貼付されています。


リフトを降りる時、前足はボードに固定されていて動きませんので、動いてしまう後ろ足をゴムの上に置き、滑らない様にして垂直にボードに乗るんです。


垂直に立った後は、後ろ足のスネの裏あたりをリフトに押してもらうイメージです。


そうすれば、リフトが勝手にあなたを前進させてくれます。


スポンサーリンク


降りる前の準備


そして、リフトを降りる前にちょっとした下準備が必要になります。


降りる所が近づいてきたら、半身に構えるのです。


”バーを上げてください”などアナウンスされるあたりで準備し始めます。


もう少し早めの方が余裕が持てるかもしれません。


ボードをまっすぐにしやすくするために、お尻が半分乗っている状態になるんです。


もちろん、落ちたらだめなんで程度があります。ボードをまっすぐにできればいいんです。


ボードをまっすぐにするには、半身にするのが楽だからそうしてるだけであって、
別にボードがまっすぐであればどんな座り型でも構わないです。


そしてボードをまっすぐに近づけた状態で、だんだんリフト降り場に近づいていきます。


最初にボードの下の部分が雪にあたりますね。


その後、ちょっと角度のある所から平らな所にだんだんなっていきます。


その間はマダ座ったままですよ。


そして、完全に平らになったら、そのまま”ただ”ボードの上に立つ感じです。


後ろ足をゴムの上に置き、立ち上がった後は自分で前に進もうとはしません。


ボードの上に立った状態で、自分の後ろ脚をリフトにくっつけたままという感じですね。


そうすると、リフトが前に進みますからその力があなたに伝わってそのまま真っすぐ進めます。


その後、リフトは方向を変えていきますから、勝手にあなたから離れていきます。


リフトに引っかかって、どっかに連れてかれちゃうというイメージがあるかもしれませんが大丈夫です。


リフトが離れる時には、降り場の先の少し角度がつき始めるところにさしかかっていますので、
ある程度スピードが出て勝手に前に進めるようになっています。


何も考えずにただリフトに押されて下さい。


リフトから離れた後は?


リフトから離れた後は、そのまままっすぐ進みます。


右にも左にも曲がろうとはせずまっすぐ進むんです。


ただただ乗っていれば、ボードが雪との摩擦でいつか勝手に止まります。


勝手に止まってから、足をボードから降ろして右に左に進んでいけばいいんです。


リフトを降りてから左に行きたいからといって、ここを慌てると難易度が上がってしまいます。


スピードが出てる最中に左に曲がろうとエッジをかけたりするとコケてしまいます。


慣れてないうちは、後ろ足が外れている状態でエッジをかけちゃうとバランスを崩しやすいです。


ボードが勝手に止まるまで、ずっとまっすぐ進んでいくのがオススメです。


リフトに乗るのが怖くなくなれば、練習ができるのでスノボが楽しくなりますよね。


人に押してもらって降りる時をイメージする


もしリフトに押される感じが分からない、あんまりイメージできないという場合には、平らな斜面でボードに垂直に乗って後ろ脚を誰かに押してもらうと想像しやすくなります。


後ろ足の膝下ぐらいを押してもらって下さい。


そうすれば、勝手に前に進む感じが分かります。


友人に押してもらった「その力」がリフトに変わるだけです。


降りる時は本当に急ごうとしなくて大丈夫です。
”勝手に”進ませてもらうだけです。


それにこけても良いんです。


でもなんでこけちゃったか?は考える必要があります。


慌てちゃったからなのか。
やり方が分からなかったのか。
そこは考えないといけません。


平らな斜面でリフトから降りる練習をして、その上で失敗しちゃったのはそれは全然構わないです。


慣れていないあなたを誰も責めませんよ。


とは言っても恥ずかしいと思うかもしれません。


ですが、恥ずかしいと思えば今度は失敗しない様に考えて実践していくのですから、それも良いのでは?


  • ただリフトに押してもらうこと
  • ただボードに乗ること
  • 自分で前に進もうと慌てない事
  • 勝手に止まるまでまっすぐ進むこと

スノボでリフトを降りる時に不安がある場合にはこれらを意識してみて下さい。



リフトに関連するその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加