スノボ初心者が注意しておきたいリフトを降りた後の事

リフトを降りたらボードを履く準備をしますが、その際には、リフトの降り口にたまらないようにしておきます。


できれば、遠めまで片足で歩いて行き、リフトから降りてくる人の邪魔にならない事を確認してから、コースの端の方で履くように気をつけて下さい。


リフトを降りる人の中にもスノボ初心者だったり、リフトに慣れていない方は多くいますので、配慮が必要になってきます。


リフト降り口に溜まられていたら慣れている人にとっても邪魔になってしまう事には変わりはありません。


初心者の方は前足がコース内側に来る位置に


また、スノーボードを履くときには、前足がコースの内側に来るような位置で履き始めると、その後のスタートがスムーズにできます。


スノボに慣れている場合にはどちら側でも構わないのですが、立ち上がる事や方向転換に慣れていない場合には、前足がコースの内側に来るように座って下さい。


そうしないと、コースに入る時に後ろ足が前の状態で進み始めなくてはならず、すぐに前後ろを変更する必要が出てきてしまいます。


また、ブーツをビンディングにハメる時には、近くに人がいない様な場所に座る様にします。


人と近過ぎると、先に滑る準備をしている人が滑り始められなくなりますので、ある程度のスペースを空けた上で座るようにして自分の準備をする事に注意しておいて下さい。


次に乗るリフトを共有しておく


また、滑り始める前に、次に乗る予定のリフトを確認しておく事も必要になります。


コースの分岐の所を越えてしまうと、乗りたいリフトに辿り着けないという事がありますので、あらかじめどちらの方向に行けばいいのか決めておいてから滑るほうが安心です。


また、次に乗るリフトを決めておくと、それぞれの好きなスピードで滑りやすくもあります。


また、スノボ初心者の方は、ひざを曲げる事やバランスのとりやすい姿勢を思い出す意味で、ボードを履いた状態で軽くジャンプして、滑るときのポイントを思い出してから滑るのがおすすめです。



リフトに関連するその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加