白馬47のゲレンデマップとコース(主にルート1・7)の斜度の見た目

白馬47のロゴ白馬47は長野県の左上あたりにあるスキー場です。


この記事は、コースのレポート的な記事ですが、滑ったコースが少なく、Hakuba47のコースを網羅していませんのでご了承下さい。


主にルート1と7の斜面の見た目や斜度の感じに関する記事になります。(私は隣にある『白馬五竜』をメインで滑る事にしたので、時間の都合で『Hakuba47』はあまり滑れませんでした。)


記事の目次
  1. 白馬47のゲレンデマップ
  2. 白馬47のコースの斜度の見た目や幅

白馬47のゲレンデマップ


以下は白馬47のスキー場で配布してもらえるゲレンデマップです。

白馬47のゲレンデマップ


白い部分が『Hakuba47』で、隣が『白馬五竜』スキー場です。


上記の2つのコースは共通リフト券でリフトを使って自由に移動する事ができます。
(駐車場に帰れるリフトの営業時間を確認して滑る様に気をつけて下さい。)


スポンサーリンク


白馬47のコースの斜度の見た目や幅


白馬47には以下のコースがあります。(以下コース距離や斜度など白馬五竜スキー場・エスカルプラザのコースデータページより引用させて頂きます。)


  • ルート1中級コース、距離2500m、最大斜度28°、平均22°
  • ルート2:上級コース、距離1620m、最大斜度30°、平均18°
  • ルート3:上級コース、距離800m、最大斜度32°、平均20°
  • ルート4(スノーパーク):上級、距離600m、最大斜度16°、平均14°
  • ハーフパイプ:幅16m、高さ3m、距離135m
  • ルート5:初級コース、距離800m、最大斜度14°、平均12°
  • ルート6初級コース、距離850m、最大斜度12°、平均10°
  • ルート7初級コース、距離3600m、最大斜度11°、平均7°
  • ルート8初級コース、距離800m、最大斜度16°、平均10°
  • キッズゲレンデ:距離30m、ムービングベルト(歩く歩道)設置

ルート1


ルート1は距離2500m、最大斜度28°、平均斜度22°の中級コースで、コース幅があり凹凸の少ない斜面です。


ただ、私が滑った3月上旬(晴れ、気温-9℃)では途中からアイスバーンになっていました。


ルート1の序盤の斜度や幅の見た目はこんな感じです。

白馬47のルート1の序盤


序盤は、板の引っ掛かりも良く滑りやすい斜面でした。


ちょっと斜度が分かり辛いと思いますが、中盤はこんな感じです。

ルート1の中盤


ここら辺からアイスバーンの箇所が多くなっていました。


板をズラしたり横滑りしようとしてもあまり歯が立たないガリガリに近いくらいの斜面でした。(あくまでも私が行った時の状態です。)


ルート1を下から見るとこんな感じの斜面です。

ルート1下からの見た目


終盤くらいからはアイスバーン状の硬めの斜面が少なくなってきて、エッジが入りやすい斜面になっていました。


滑り降りるとゴンドラステーションに繋がります。


ルート4(スノーパーク)の見た目


ゴンドラを降りてすぐの所からルート4(スノーパーク)に行けます。


ジャンプ台(キッカー)やボックスやレール(ジブ系)もアイテムも豊富でかなり立派なスノーパークです。


スノーパーク(コース距離600m、最大斜度16°、平均斜度14°)の見た目はこんな感じです。

白馬47ルート4


写真の左手前の方には、幅16m、高さ3m、距離135mのハーフパイプがあります。


ペアリフトを使えば、スノーパークを何回も滑る事ができます。


スポンサーリンク


ルート6


ルート6はコース距離850m、最大斜度12°、平均斜度10°の初級コースです。


コースの端には『ビギナーパーク』という斜面が上下にウェーブしている箇所があるコースです。


ルート6の見た目はこんな感じです。(入り始め)

白馬47ルート6


ルート7


ゴンドラを降りた後、スノーパークがあるルート4の上部分を通り過ぎると『ルート7』を滑って行く事になります。


ルート7は距離3600mで中盤くらいから林間コースになっていきます。(最大斜度11°、平均斜度7°)


ルート7の序盤はこんな感じです。

ルート7の序盤


ルート7中盤のコース幅や斜度の見た目はこんな感じです。

ルート7中盤


初級者コースですが、結構幅が狭く、斜面も硬めなので、スノボ初心者の方や慣れていない方はコースの端が怖くなって滑りづらい事があるかもしれません。


コース距離3600mなのでかなり長い林間コースです。


ルート7をもうちょい進んだ所(終盤くらい)の見た目。

ルート7の終盤


途中で『ルート1』という中級コースを横切る形になるので、合流する時には山の上の方の確認をして注意しながら突っ切って下さい。


このまま進んでいくと、ゴンドラ乗り場に着きます。


ルート7は初級者コースですが、コース端からの転落が気になって、ホントに初心者の方は結構怖く感じる林間コースだと思います。


ルート8


ルート8はHakuba47のコースでコース距離2,800m、最大斜度16°、平均斜度10°の初級コースです。


かなり幅が広く凹凸もないので滑りやすいコースです。


ルート8のコース幅や斜度の見た目はこんな感じです。

ルート8の序盤


ルート8の中盤はこんな感じです。中盤も結構コースの幅が広いです。

ルート8の中盤


私個人の感想では、白馬五竜&Hakuba47は、パークが好きな方はHakuba47で滑り、フリーランが好きな方は隣の白馬五竜で色々な種類のコースを滑るとするとすごく楽しみやすいスキー場だと思いました。


Hakuba47周辺のホテルや旅館はこちら。


るるぶトラベルで見る



スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加