痛いと楽しくない!スノボブーツ購入時には履き心地に注意する!

痛いと滑っていても楽しくないので、スノーボードのブーツを購入する際には実際に履いて、以下の事を確認します。


  • 前傾してみて痛いかどうか
  • 動きやすいかどうか
  • 変に当たっている所はないかどうか
  • 足とブーツの間に空間があり過ぎないかどうか

ブーツは楽しく滑れるかどうかにかなり影響しますので、値段が高くても、少しの差ならば、より快適なブーツを選ぶほうが無難です。


ブーツは本当に重要なので、ネット通販よりも実店舗で確認して購入する方が良いと思います。
(また、購入する場合には、実際に使用するソックスを履いて選んで下さい。)


ブーツを試し履きする時には、きちんとブーツのインナーも締めつけて履き心地を確認する様にして下さい。
(ブーツは二重構造になっていて、内側の部分についているヒモを引っ張って、まず最初に内側部分で足をしっかり締め付ける事になります。履く時にも内側のヒモを緩めてからでないと、足が入りにくい場合がありますので注意して下さい。)


前傾してみて痛いかどうかの確認


スノボでは前傾する動き(足首が曲がっている状態になる動き)が多いので、ブーツ購入時には、前傾しても痛くないかどうかを確認します。


垂直に立った時に痛くないブーツでも、スキー場に行き実際に滑ってみると痛い場合があるからです。


サイズが合っていたとしても、足首を曲げてみると(前傾してみると)、皮膚が挟まり痛さを感じることがあります。


痛いブーツでは滑っていても楽しくないので、どれだけデザインが気に入ったとしても、痛い商品はやめておく方が無難です。


そして、ブーツと足の間に空間があると、滑っている時に思ったようにボードをコントロールできません。


ボードがコントロールしづらいと、転ぶ回数も増えてしまいますので、初心者の方ほどブーツ選びは重視した方が良いと思います。


スポンサーリンク


動きやすいかどうかの確認


更に、ヒザを曲げる動作や足首を曲げる動作がやりやすいかどうかを確認をします。


スノボでは膝をかなり曲げて滑りますし、足首の動きも頻繁にありますので、その動作が楽にできるかどうかが気持ちよくターンできるかどうかに影響してきます。
(→初心者から知っておきたいスノボの滑り方のコツは、膝を思いっきり曲げること!
(→うまく曲がるために意識しておきたいポイントは足首の柔軟さ!


変に当たっている所はないかどうかの確認


せっかくスノボに行っても、痛いとやる気がなくなりますので、ブーツを履いた時に、足に変に当たっている箇所がないかどうかの確認も必要です。


指先が当たってしまうサイズはダメですし、くるぶしに過度に圧がかかっているのも良くありません。


重点的に確認するのは、スネにの部分に痛い所がないかどうかです。


色々な方向に動かしてみて、痛くないかどうかを確認して下さい。


実店舗で試しているときに少しでも痛かったとしたら、実際に滑った時には、かなり痛くなってきますので注意して下さい。


足とブーツの間に空間があり過ぎないかどうか


また、締め付けたときに、足とブーツの間に、変に空間がないかどうかを確認もしておきます。


重点的に以下の事を確認して下さい。


  • 足の甲の上に変な空間がないかどうか
  • かかとがきちんと包まれている感じがするかどうか

足の甲の上に変な空間がないかどうか


ブーツを締め付けたあとに、足の甲の上のスペースを確認して下さい。


足のサイズ(長さ)が合っていたとしても、足全体で適度な密着感が感じられないと(ブーツの中で簡単に動く感じがすると)滑っている時に思った様にブーツが反応してくれなくて、滑りづらいと感じるときがあります。


足の甲の上に空間が空きすぎていると、かかと側(バックサイド)のエッジ使用時に足首を軽く持ち上げようとする時などに違和感が出てきたりします。


かかとがきちんと包まれている感じがするかどうか


ブーツを試すときには、かかとをまず最初に合わせて下さい。


その時に、かかとがブーツにきちんと包まれているかどうかを確認して下さい。


かかとがブーツの端に当たっていたとしても、左右に空間があると、滑っている内にブーツの中で足がブレて滑りづらくなります。


スペースが空いていると、かかとも浮いてきてしまいますので、全体的に“包まれているかどうか”を確認して下さい。


ヒモできつく締めれば、空間がなくなると思うかも知れませんが、
サイズが合っていないのに無理やり締め付けると、スネ部分に変に当たる部分が出てきます。


変に当たっていると、最初の内は我慢できますが、滑っていくうちに段々と痛くなってきます。


ですので、できるだけ、自然に締め付けたときに空間ができないブーツを選ぶようにして下さい。


その他


ブーツ内側の素材によっても結構フィット感が変わってきます。
厳しくフィット感を比べたい場合には、素材が違うブーツも試してみてください。


また、ブーツのサイズは、人にもよると思いますが、私はできるだけピッタリな物の方が滑りやすくなりました。
スノボブーツのサイズはぴったりな物を選べば初心者でも滑りやすい!



スポンサーリンク


ブーツ選びに関連するその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加