ビンディングのサイズは目安!ブーツとの実際の兼ね合いで購入!

ビンディングはブーツとの兼ね合いがかなり重要です。


ビンディングを購入する時のポイントは、締め付ける部分の面積や、ブーツの固定感です。


ビンディングにはサイズ表記がありますので、基本的にはブーツに合わせたサイズを選ぶのですが、サイズを合わせていたとしても、締め付けが微妙な組み合わせもあります。


ですので、必ずブーツを合わせて確認する様にします。


面倒かもしれませんが、自分のブーツを持っているのならば、ビンディング購入時にはお店に持参していくと間違いがありません。


自分のブーツを履いた状態でビンディングを合わせておかないと、実際のホールド感が分からず、「滑ったら気に食わなかった」という事がありますので。


ブーツも一緒に新しく購入する場合には、選んだブーツを履かさせてもらい、ビンディングにハメて確認します。


ビンディングサイズで迷っている時に確認するのは、ビンディングの中でブーツが動かないかどうかと、前傾した時にパッドが邪魔じゃないかどうかです。


スポンサーリンク


ブーツが動かないかどうか


サイズが微妙でもビンディングできつく締めれば、ブーツは固定されると思われるかもしれませんが、滑っている最中には、店舗で試している時よりも大きな力がかかります。


ですので、「きつく締めたから固定されている」という状態ではなく、「自然にしっかりとホールドされているかどうか」を確認します。


サイズが合っていない場合には、ブーツ横に余っている空間ができますので、ビンディングでブーツを固定した時に、変な空間が横にないかどうかを確認しておきます。


パッドの面積


また、前傾してみた時に、ブーツを固定しているパッドが邪魔じゃないかどうかを確認します。


パッドの面積が広いタイプの場合、ブーツとビンディングのサイズが合っていないと、足首を曲げた時に上のパッドと下のパッドが干渉して邪魔に感じる事もありますので、その確認のためにブーツを履き、ビンディングに固定した状態で前傾します。


干渉する場合には、滑っている最中にズレてきてホールド感が弱まります。


ブーツがしっかり固定されていないと、やはり滑りにくくなります。


気になってイライラしてしまう事もありますので、前傾してみて(足首を曲げてみて)当たらないかどうかは確認しておきます。


また、あまりいないかもしれませんが、私は手袋で触った時に出る嫌いなスレた音がありますので、ビンディングの材質も気にしました。


ビンディングは手袋で触るものですので、自分の手袋で試して嫌な感覚がするものは選ばない様にして下さい。



スポンサーリンク


ビンディングに関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加