キャリアやルーフボックスを使用してスノボに行く時に知っておきたい事

スノボに車で行く場合にはキャリアやルーフボックスを使用する事があると思いますが、その際には固定が充分かどうかの確認をマメにする必要があります。


出発前にキャリア自体が車にきちんと設置されているかどうかを確認したり、ビンディングが緩んでいないかどうかを確認するのはもちろんの事なのですが、高速に乗る前やSAでも板の固定やキャリアの固定が緩んでいないかどうかを確認します。


高速の料金所を超えた後やサービスエリアで休憩した後の確認です。


高速道路で物が落ちたら大事故に繋がってしまいますし、落下物の責任は運転手にありますので、固定されているかどうかはマメに確認して下さい。


スノボを終えて宿から出るときも同様に確認して下さい。


キャリアの注意点


また、ボードを乗せるのがキャリアの場合には、ボードがむき出しの状態で走る事になりますので、板に汚れがつきやすかったり、エッジにサビが出てきやすいという面があります。


住んでいる地域によって変わってくるとは思いますが、潮風が吹いている場所を通るときには予想以上にサビの侵食が進みます。(新品の板でも関係なくサビが出てきます。)


ですので、潮風が強い所を長い事走る場合には、汚れやサビが気になる場合には、ルーフボックスを使用しておく方が良いと思います。


もしくは、車内にスペースがある場合には、車内に入れておくほうが無難です。


車内に入れる場合には、先端のエッジの部分にタオルなどをかけたりして、素肌で触れても危なくないようにしておくのを忘れないで下さい。


車用キャリアアタッチメントのランキングページはこちら。


⇒キャリアのランキング(Amazon)


⇒スノボアタッチメントランキング(楽天)


スキー宅配便を利用する


サビが気になるけど、人数が多いから車内にスペースがないという場合には、宅配便を使用して、板を宿やホテルに送っておくという方法もあります。(ゴルフ宅配便の様な感じでスキー宅配便というサービスがあります。)


値段も普通の宅配便とほとんど変わりません。
(有料の専用カバーを使用しなくてはならない場合もありますのでその分差が出ます。)


利用する時には、宿泊日の2~3日前に発送する必要がありますので期限に注意して下さい。


帰宅する時の発送の手配もできますし、電車で行く時なんかにも手ぶらでスノボに行けるので便利なサービスです。


詳細は営業所などでご確認下さい。



その他の「車でスノボに行くなら知っておきたい事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加