結構な値段になっちゃうスノボのレンタル料金を少しは安く抑える方法

スノボで板とブーツのセットを一日借りると、ショップによって値段は違うのですが、大体2500円~3500円くらいかかります。


ウェア(単品2500円~4000円程度)や小物(各500円~1000円程度)も借りるとなると、セットで少し割引されていたとしても、5500円~7500円くらいが相場かなと思います。


割引等を何も利用しないで全部借りるとなると、結構な金額になってしまいます。


スノーボードの費用を抑えられる方が、負担も減るので「スノボ行こうかな?」と思える事が多いと思いますし、行ける回数が増えると、結果的に上達していきますのでスノボが楽しみやすくもなります。


という事で、この記事では、私が知っている『レンタル料金が少し安くなる方法』を記載したいと思います。


と言っても、ちょっとだけ安くなる程度ですが。


レンタル料金が少し安くなる方法
  • ゲレンデから遠めのショップで借りる(車で行く場合)
  • シーズンチケットを持っている人にお世話になる
  • スノボツアーを利用する
  • 事前に予約してレンタルショップのWeb割引を使う
  • スキー場の公式サイトを見てみる
  • 宿のオーナーに話をしてみる

スポンサーリンク


ゲレンデから遠めのショップで借りる(車で行く場合)


スノボに車で行く場合には、スキー場へ行く途中に出てくるレンタルショップで借りる様にしておくと、若干費用を抑えられます。


スノボ用品などもそうなのですが、ゲレンデで購入したり、揃えようとすると、費用は高めになりがちになります。


これはレンタルでも同じで、ゲレンデにあるレンタルショップよりも少し離れた場所(スキー場が近づいてきた時に出てくる、道の途中にあるお店)で借りておく方が安いです。


ただ、道具を車に積んで移動する事になるので、車内に板を置くスペースも必要ですし、積む手間もかかります。


また、帰りもそのお店に返す必要がありますので、車を出してからそのお店に寄る必要もあります。


こういったちょっとした手間と、費用の差額を天秤にかけて、ゲレンデ直近の(徒歩0分などの)レンタルショップで借りるか、少し手前で借りておくか、どっちを選ぶかっていう事になります。


シーズンチケットを持っている人にお世話になる


スノボ初心者の方は、既にスノボを結構やっている人と一緒に行く事が多いと思うのですが、もし一緒に行く人の中にシーズンチケットを持っている人がいた場合には、費用を抑えてレンタルできる事があります。


シーズンシケットというのは、利用できるスキー場のリフト券が格安になったり(そもそもリフト券を買う必要のない物もあります)、食事代や同伴者のレンタル代なども安くなるものです。(※内容は個別に異なります。)


ただ、スノボをやった事がある人でも、シーズンチケットを買っている人はそこまで多いというわけではないので、周りにいるかどうかっていう問題があります。


スノボツアーを利用する


スノボのツアーを利用する事でも、レンタル料金を抑える事ができます。


というより、スノボツアーでは、その他のリフト券代、宿代、移動費など諸々が安くなるのですが、その一部としてレンタル代が安くなっています。(特典としてツアーにレンタル代が組み込まれている事もあります。)


ツアーのデメリット的な部分が気にならない場合には、スノボにかかる費用がかなり抑えられるので、スノボツアーは良いと思います。(スノボツアーには大きなメリットもあるしデメリット的な部分もある。


スポンサーリンク


事前に予約してレンタルショップのWeb割引を使う


また、レンタルショップ自体のWeb割引を利用する事でもレンタル費用を抑える事ができます。


ショップ自体のサイトで、事前に予約しておくと割引してくれたり、レンタルショップが提携しているサイトなどで予約すると、割引料金で借りられるというものです。


「レンタル スノーボード 予約 〇〇スキー場」や「スノボ レンタル 割引 〇〇スキー場」などでインターネット検索をしてみて下さい。


大き目のスキー場ならば、いくつかショップのサイトが見つかると思います。


ただ、小さめのスキー場の場合には、レンタルショップのサイト自体が見つからない事も多いですし、スノボレンタルのサイトに載っていない事もあるので、行くスキー場によっては利用できない事があります。


スキー場の公式サイトを見てみる


各スキー場の公式サイトを見てみると、レンタルのクーポンが載っている事があります。


公式サイトには、レンタルに関してだけではなく、リフト券や食事券、スノーボードスクールの代金なども安くなるクーポンもあったりします。


公式サイトは「〇〇スキー場」などで検索すると大概一番上に出てきます。


クーポンを利用するには会員登録をする必要があったり、事前に印刷しておく必要があったりする事もあるので、利用する際には条件を確認しておいて下さい。


ゲレンデの最近の天気や混雑具合、積雪状況なども確認できるので、行くスキー場の公式サイトは一度見ておく方が旅行が楽しみやすいと思います。


宿のオーナーに話をしてみる


泊まる宿やペンションによっては格安で道具を貸してくれるところもあります。


大々的にやっていない事も多く、レンタルやっているのに気付かない事もあり、オーナーに聞いてみないと分かりづらいこともあります。


もちろん普通にやっていないという場合もあるのですが。


またオーナーに話を聞いてみると、レンタルだけでなく、近場のゲレンデの割引券がある事なども教えてもらえることがあります。


また、ホントの始めの段階ではレンタルでOKですが、スノボをこれからも続けそうならば、ブーツだけは「マイブーツ」を購入しといた方が良いです。


すぐ元がとれますし、「ブーツが合っているかどうか」は、スノボが楽しめるかどうかにかなり影響が大きいので。


スノボブーツのランキングはこちら(楽天)


Amazonでのスノボブーツの売れ筋はこちら


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加